「いじめ自殺」の調査結果を私立校がないがしろにできる理由   行政手出せず「聖域」に 長崎市・海星高(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「いじめ自殺」の調査結果を私立校がないがしろにできる理由   行政手出せず「聖域」に 長崎市・海星高(47NEWS)

「いじめ自殺」の調査結果を私立校がないがしろにできる理由   行政手出せず「聖域」に 長崎市・海星高(47NEWS)

 2017年4月、長崎市の私立海星高の男子生徒=当時(16)=が市内の公園で自殺した。この問題を巡り、いじめ防止対策推進法に基づいて設置された第三者委員会は、同級生からのいじめを主要因とした調査結果をまとめた。遺族側は受け入れたが、海星高側が受け入れを拒否。そのまま時間が経過し、いじめた側の同級生らのいる学年は卒業。行政は踏み込んだ対応ができないままだ。なぜこんなことになっているのか。私立校が事実上「聖域」となっている現状を追った。

 ▽「突然死ということに」 学校側提案に不信感

 母親(47)によると、男子生徒は自殺直前まで変わった様子はなかった。前日も宿題をこなし、当日はいつもどおり登校。車で学校へ送ったのが最後の別れになった。死後、自宅で見つかった手記には同級生に「さんざんディスられた(侮辱された)」などと記されていた。「悩みに気付けなかったのは親の責任もある。悔やみきれない」。遺族の苦しみの深さは想像を絶する。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「いじめ自殺」の調査結果を私立校がないがしろにできる理由   行政手出せず「聖域」に 長崎市・海星高(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA