「お金かかるから消火せずともよし」が招いたシベリア大火災(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「お金かかるから消火せずともよし」が招いたシベリア大火災(47NEWS)

「お金かかるから消火せずともよし」が招いたシベリア大火災(47NEWS)

 ロシアのシベリアで7月発生した森林火災が拡大、これまでにベルギーの国土面積に相当する300万ヘクタール近くに延焼するなど記録的な大火災となっているが、同国の自然保護団体などは消火作業に要する費用を考慮して、一部地域で地元当局に森林火災の消火を義務づけないことを決めた政令施行が事態を悪化させたとして、政府を批判している。 

 火災は、サハ共和国、クラスノヤルスク地方、イルクーツク州などシベリアの広大な範囲で拡大。米航空宇宙局(NASA)などによると、火災の煙はロシアの周辺都市のほか、モンゴル、カナダのバンクーバー、米国のアラスカに到達するなど世界的な規模で広がっている。トランプ米大統領は7月31日、ロシアのプーチン大統領との電話会談で火災への支援を申し出たが、プーチン氏は感謝の意を示し、両国関係の全面的な改善に寄与するとの認識を示した。 

 当局は当初、火災は乾いた森林での落雷が原因との見方を示していたが、メドベージェフ首相は内務省や検察庁に対し放火の可能性を捜査するよう指示。ロシアのニュースサイト「ニュースルー」は政府の無策の責任転嫁のための「犯人捜し」が始まったと報じた。  

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「お金かかるから消火せずともよし」が招いたシベリア大火災(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA