「乳幼児揺さぶり」 虐待か冤罪か 無罪、不起訴相次ぐ 見直しの声(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「乳幼児揺さぶり」 虐待か冤罪か 無罪、不起訴相次ぐ 見直しの声(47NEWS)

「乳幼児揺さぶり」 虐待か冤罪か 無罪、不起訴相次ぐ 見直しの声(47NEWS)

 乳児の頭を揺さぶり、虐待した疑いで逮捕―。時折ニュースで目にする、揺さぶりによる虐待事件。赤ちゃんの頭を激しく揺さぶると頭部の血管が切れ、深刻なダメージを受けるとする「乳幼児揺さぶられ症候群(Shaken Baby Syndrome=SBS)」理論を支えにしている。実はこの理論、欧米では「科学的根拠がない」として見直しを求める動きがあり、日本でも近年、弁護士や研究者から疑問の声が上がっているのだ。

(共同通信・大阪社会部=武田惇志、広山哲男)

 

  ▽虐待と疑われて 

 大阪府のかずみさん(39)=仮名=は、長男が転んでけがをしたことをきっかけに、平凡な暮らしが一転。SBSによる虐待を疑われて逮捕された末、不起訴になった。

 かずみさんは語る。2017年8月夕方、台所へ寄って目を離した際、つかまり立ちをしていた生後7カ月の長男が後ろに転んで頭を打った。抱き上げると大声で泣き出し、突然意識がなくなった。手術して一命はとりとめたが、1週間弱、目覚めなかった。2日前からつかまり立ちを始めたばかりだった。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「乳幼児揺さぶり」 虐待か冤罪か 無罪、不起訴相次ぐ 見直しの声(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA