「墓マイラー」体験記(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「墓マイラー」体験記(47NEWS)

「墓マイラー」体験記(47NEWS)

 「墓マイラー」をご存知だろうか。

 墓を巡ってマイレージをためる人のことではない。

 昨今、墓参りが趣味の人をそう呼ぶらしい。参るのは、歴史上の人物や著名人の墓。そのルーツは江戸時代にさかのぼる。

 趣味としての「墓参り」は、江戸時代「掃苔(そうたい)」と呼ばれた。 

 字のまんま、墓石の苔を掃きながら、様々な思いを馳せたという。

 墓石の拓本、有名人のお墓カタログ「掃苔録」もあり、現代の「墓マイラー」にあたる「掃苔家」と称する人もいたらしい。

 「掃苔家」の筆頭は『南総里見八犬伝』の作者・滝沢馬琴。さらに森鴎外、永井荷風といった文人の名前も挙がる。

 作家の山崎ナオコーラさんが、『文豪お墓まいり記』(2019年・文芸春秋社)という本を出している。雑誌の『文學界』に連載されていたので、私もたまに読んでいた。

 文豪のお墓をご主人と一緒に訪れて、霊園近くで腹ごしらえをしたり、ちょっとしたお供え物を手に墓参りをしている描写が面白かった。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「墓マイラー」体験記(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA