「統一感」「女らしさ」…ヒール靴規定は誰のため?  CA経験者に聞いた (47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「統一感」「女らしさ」…ヒール靴規定は誰のため?  CA経験者に聞いた (47NEWS)

「統一感」「女らしさ」…ヒール靴規定は誰のため?  CA経験者に聞いた (47NEWS)

 足のむくみ、多数のタコ、外反母趾、腰痛…ヒール靴を履くことで深刻な被害を受ける女性は多いのに、着用がルール化されているのはなぜ?

 共同通信が企業にヒール靴の規定についてアンケートすると、「お客さまに不快感を与えないため」「制服との調和を図るため」などの答えが返ってきた。

 履きたい人は履いていい。でも、強制ではなく、選択の自由を認めてほしい。そう訴える「#KuToo」キャンペーンが広がっている。背景にあるのは、健康被害を負ってまで「女性のマナー」としてヒール着用が求められることへの疑問や怒りだ。統一感ある身なりで知られる職業、航空会社の客室乗務員(CA)に尋ねると、化粧や髪形まで細かなルールで縛られるケースも。息苦しさを感じている実態も見えてきた。

 ▽「避難訓練はスニーカー」の矛盾

 「足の裏のタコの数がすごい。休日は足が疲れきって、外出できないことがある」

 国内の航空会社のCAになって13年目の石井茜さん(32)=仮名=はため息をついた。機内では3~5センチの黒パンプス着用が定められ、自分で用意する。飲食サービス用のカートを動かしたり、客の手荷物を収納棚に収めたりと動き回るためパンプスは「消耗品」。3カ月に一足ははきつぶしている。勤務は長い時で9時間半に及び、足はむくんでぱんぱんに。揺れる機内で踏ん張るとよろけることもある。「怖い」のが本音だ。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「統一感」「女らしさ」…ヒール靴規定は誰のため?  CA経験者に聞いた (47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA