「表現の自由」とヘイト根絶 盛り込めるか禁止規定  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(4)(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

「表現の自由」とヘイト根絶 盛り込めるか禁止規定  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(4)(47NEWS)

「表現の自由」とヘイト根絶 盛り込めるか禁止規定  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(4)(47NEWS)

 ヘイトスピーチ対策法の施行により、人種や属性など、本人にはどうしようもできないことを理由とする差別は、決して許されないことが3年の間に浸透してきた。それでも、いまだに横行し、なくならないヘイト。根絶に向け、明確な禁止規定がない点を指摘する声も大きい。

 ▽外国人差別なくす実効性に疑問

 ことし5月29日、差別に反対する運動や外国人支援に取り組む複数の人権団体が、国会内で集会を開いた。

 報告者はジャーナリストの安田浩一氏ら4人。安田氏は冒頭、5月28日の川崎市児童殺傷事件で「犯人は在日韓国人」「川崎は在日が多いから」などのデマや推測がネットに出回ったと怒りを込めて指摘した。「批判されるべきは犯罪で、国籍は関係ない。凶悪事件や災害のたびにヘイト書き込みが繰り返される。対策法ができても差別は野放しだ」と話した。

 日本在住の外国人を取材している安田氏は、愛知県豊田市の団地で毎朝ごみ捨て場を掃除する日系ブラジル人の男性が「少しでも汚れていたらブラジル人のせいにされるから」と話したことを紹介し、こう続けた。「なぜごみ捨て場が汚れているだけで外国人のせいにされるのか。これが私たちの社会だ。日本社会が外国人住民を追いやっている」

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 「表現の自由」とヘイト根絶 盛り込めるか禁止規定  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(4)(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA