あの片仮名路線、しょうゆが原点(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

あの片仮名路線、しょうゆが原点(47NEWS)

あの片仮名路線、しょうゆが原点(47NEWS)

 【汐留鉄道倶楽部】愛称をめぐってさまざまな議論を巻き起こした東武アーバンパークライン。発案した東武鉄道は主に愛称を使って浸透を図っているが、いまだに本名の野田線で呼ぶ機関もあるとか。この話題は汐留鉄道倶楽部でも何度か取り上げられた。みんな関心を持っているんだなあ…。この路線の魅力を探るべく、船橋駅(千葉県船橋市)から大宮駅(埼玉県さいたま市)まで、全線を乗り通してみた。

 小旅行は船橋駅から始めた。あえて本名で野田線と呼ぼう。野田線とJR総武線が乗り入れる船橋駅は、総武線の快速も停車するから便利だ。総武線で隣にある西船橋駅には、武蔵野線、東京メトロ東西線、東葉高速鉄道も乗り入れているのに、総武線の快速は通過する。不思議に思ってネット検索すると、船橋駅は明治時代に開業したのに対し、西船橋駅は戦後に誕生していた。きっと船橋駅の方が市の中心だったのだろう。

 そんなことを思いながら、野田線のホームへ。やって来た電車は、途中駅の柏止まりの普通だった。大宮行きの電車は少数派なので仕方ない。「一気に全線を乗り通せないなら、気になる駅で途中下車してみよう」。ちょっと計画を変更して電車に乗り込んだ。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース あの片仮名路線、しょうゆが原点(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA