その船の名前すら知らない 徴用工とは何か(3)(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

その船の名前すら知らない 徴用工とは何か(3)(47NEWS)

その船の名前すら知らない 徴用工とは何か(3)(47NEWS)

 大型船が湾内にゆっくりと入ってきた。敗戦から9日後の1945年8月24日、午後5時過ぎの京都・舞鶴湾。予兆はない。

 突然、湾内に「ドカーン」という大音響が響き渡った。船は中央が盛り上がって「へ」の字になり、次に「V」の形になって、前へ進みながら沈んでいった。たくさんの人がこぼれ落ちるように、船から海中に落ちていく―。(47NEWS編集部、共同通信編集委員佐々木央)

 死者は500人以上とされる。「以上とされる」と書くしかないのは、正確な数が分からないからだ。日本の海難史上、最悪とされる1954年の洞爺丸事故が死者1155人。それに次ぐ規模なのに、国は死者の数さえ把握していない。また、不思議なことに、当時すべての新聞がこの爆発・沈没について沈黙した。

 船名「浮島丸(うきしままる)」4730トン。もともとは民間の貨客船だったが、海軍に徴用され輸送船として使われていた。戦争は民間船にまで、徴用から爆沈へと、受け入れがたい運命を与えたのだ。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース その船の名前すら知らない 徴用工とは何か(3)(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA