シベリア出身の3人がなぜ毎年、箱根でガラス楽器を演奏するのか(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

シベリア出身の3人がなぜ毎年、箱根でガラス楽器を演奏するのか(47NEWS)

シベリア出身の3人がなぜ毎年、箱根でガラス楽器を演奏するのか(47NEWS)

 神奈川県箱根町にあるベネチアン・グラスの美術館「箱根ガラスの森美術館」。2003年から一部の年を除き毎夏、3人のロシアのガラス楽器演奏グループが来日、同美術館でガラスを使った涼しげな音色を奏でている。3人はともにシベリア出身。日本から遠く離れた同地方の演奏家がなぜ、毎年箱根で演奏するようになったのか。取材した。 (共同通信=太田清)

 ▽リピーターも 

 今年のコンサートは7月13日から9月1日(毎週水曜休演)まで、毎日5回行われる。各回、レパートリーを変えて演奏されるが筆者が取材した8月17日は「G線上のアリア」「白鳥の湖」などクラシック音楽のほか、日本の唱歌「故郷」、歌謡曲「少年時代」も演奏され、立ち見も出るなど多くの観客が訪れた美術館大ホールは大きな拍手に包まれた。広報マネージャーの坂元宏彰さんによると、毎回好評で、同グループの曲を聴くためにこの時期に美術館を繰り返し訪れる「リピーター客」も多いという。 

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース シベリア出身の3人がなぜ毎年、箱根でガラス楽器を演奏するのか(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA