パブコメに意見殺到、どうなる川崎市ヘイト条例  全国初の刑事罰盛り込みに高まる関心(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

パブコメに意見殺到、どうなる川崎市ヘイト条例  全国初の刑事罰盛り込みに高まる関心(47NEWS)

パブコメに意見殺到、どうなる川崎市ヘイト条例  全国初の刑事罰盛り込みに高まる関心(47NEWS)

 川崎市は、刑事罰を盛り込んだ差別禁止条例の素案を公表した。ヘイトスピーチ対策の強化が目的で、実現すれば全国初となる。市は7~8月にパブリックコメント(意見公募)を実施、すると1万8千通もの意見が寄せられた。これまでの意見公募では通常、数十~百件程度で、市の担当者も「桁が違う」と殺到ぶりに仰天している。膨大な数の意見には賛成も反対もあるという。これほどの関心を集めるのはなぜか。そして条例は今後、どうなるのか。

 ▽反対派も賛成派も、意見提出呼び掛け

 条例反対派は8月1日、ブログで「左翼と在日朝鮮人のやりたい放題を阻止しよう」「左翼暴力に支配された恐るべき未来」などと訴え、反対意見を提出するよう呼び掛けた。

 このブログの主催者らは、過去に公園で計画したデモが川崎市に許可されなかったことがある。主催者らは5月、「表現の自由の侵害」として損害賠償を市に求めて提訴。横浜地裁川崎支部で裁判が続いている。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース パブコメに意見殺到、どうなる川崎市ヘイト条例  全国初の刑事罰盛り込みに高まる関心(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA