ロ代表コーチ「つり目」ポーズもおとがめなしか 女子バレー韓国戦、「我々は日本人」の意?(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

ロ代表コーチ「つり目」ポーズもおとがめなしか 女子バレー韓国戦、「我々は日本人」の意?(47NEWS)

ロ代表コーチ「つり目」ポーズもおとがめなしか 女子バレー韓国戦、「我々は日本人」の意?(47NEWS)

 2020年の東京五輪出場を賭けてロシア西部カリーニングラードで5日に行われた女子バレーボール世界予選で、ロシア代表が韓国に3―2のセットカウントで勝利、東京への切符を手にした。試合後、歓喜したイタリア人のセルジオ・ブサート・コーチが両目をつり上げるポーズを見せ、その写真がメディアに流れると「人種差別だ」との批判が殺到、ブサート氏が謝罪に追い込まれる騒ぎとなった。ロシアのスポーツニュースサイト、スポルト24などが9日までに伝えた。

 ロシア代表は第1、2セットを奪われながら、続く3セットをとり逆転勝利となっただけに、コーチの喜びも分かるが、「つり目ポーズ」はアジア人への差別とみなされ、国際サッカー連盟(FIFA)などが禁止している。 

 韓国側は「このような行為が繰り返されないよう」求めるとして、国際バレーボール連盟とロシア・バレーボール連盟に対し抗議するとともに、何らかの措置を取るよう要求。 

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース ロ代表コーチ「つり目」ポーズもおとがめなしか 女子バレー韓国戦、「我々は日本人」の意?(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA