京アニ事件、いまだ語られていないこと  置き去りにされた事件前の検証 問われるべき支援の質(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

京アニ事件、いまだ語られていないこと  置き去りにされた事件前の検証 問われるべき支援の質(47NEWS)

京アニ事件、いまだ語られていないこと  置き去りにされた事件前の検証 問われるべき支援の質(47NEWS)

 35人の命が奪われた京都アニメーションの放火殺人事件で、発生から1カ月以上が経過した今もまだ、語られていない大切なことがある。京都府警が逮捕状を取った青葉真司容疑者(41)は、過去に強盗などの罪で服役。出所の際、精神障害があったため司法と福祉機関が連携する「特別調整」という制度の対象だった。住んでいたさいたま市のアパートでは生活保護や訪問看護を受けていたとみられる。つまり、国がつくった累犯の障害者を支援する仕組みには乗っていたのに、事件を防げなかったことになる。何が足りなかったのか、どこに改善の余地があるのかという議論が置き去りにされている。

▽更生保護施設からアパートでの1人暮らしへ、そこで…

 青葉容疑者はさいたま市で育ち、定時制高校に進んだ後、一時期、埼玉県庁で非常勤職員として勤務。その後、28歳だった2006年に窃盗事件を起こし逮捕される。執行猶予判決を受け、職に就いたとみられるが、08年のリーマン・ショック後、仕事と住居を失う。08年末に茨城県内の雇用促進住宅に入居後、12年にコンビニ強盗で懲役3年6月の実刑判決を受けた。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 京アニ事件、いまだ語られていないこと  置き去りにされた事件前の検証 問われるべき支援の質(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA