今も起きるヘイトデモ 防げないのはなぜ?  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(1)(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

今も起きるヘイトデモ 防げないのはなぜ?  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(1)(47NEWS)

今も起きるヘイトデモ 防げないのはなぜ?  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(1)(47NEWS)

 「不当な差別的言動は許されない」と明記し、国と自治体に対策を求めたヘイトスピーチ対策法が施行されてから、3年が経過した。条例制定などの動きが広がる一方、ヘイトデモや移民排斥を掲げる政治団体の街頭宣伝はいまだに横行し、インターネット上のヘイトも後を絶たない。3年間で何が変わり、何が変わらなかったのか。現状と課題を4回にまとめた。(共同通信ヘイト問題取材班)

 ▽ヘイトデモ規制に、必要な国の統一見解

 観光客でにぎわう京都市の繁華街で3月9日、異様な光景が展開されていた。「ごみはごみ箱に、朝鮮人は朝鮮半島に」。拡声器で叫びながら練り歩くたった1人の男性を、100人以上の警察官が取り囲むように付き添って歩く。周囲には「差別をやめろ」と抗議する大勢の市民が詰め掛けたが、警備に阻まれて近づけない。まるで警察がヘイトデモを守っているかのようだった。

 男性は2009年の京都朝鮮第一初級学校へのヘイトスピーチを巡り、威力業務妨害罪などで有罪判決を受けた。デモは事件から10年を「記念する」と銘打ったものだ。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 今も起きるヘイトデモ 防げないのはなぜ?  ヘイトスピーチ対策法3年、現状と課題(1)(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA