温暖化、穀物価格最大23%上昇 50年予測、国連が食料不足警告(共同通信)

温暖化、穀物価格最大23%上昇 50年予測、国連が食料不足警告(共同通信)


温暖化、穀物価格最大23%上昇 50年予測、国連が食料不足警告(共同通信)
干ばつによる被害を受けたフランス西部のトウモロコシ畑=7月(ロイター=共同)  国連の気候変動に関する政府間パネル(IPCC)は8日、干ばつなどの増加で2050年に穀物価格が最大23%上がる恐れがあり、食料不足や飢餓のリスクが高まると警告した特別報告書を公表した。
水不足や干ばつにさらされる人口は、産業革命前と比べ今世紀末に気温が15度上がる場合は50年までに1億7800万人に上ると見積もった。
[紹介元] 共同通信 - 国内 - Yahoo!ニュース 温暖化、穀物価格最大23%上昇 50年予測、国連が食料不足警告(共同通信)