西成で、おっちゃんたちが詠む歌は  警察署があいりん地区の詩集発行 怖いイメージ、実は人情味(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

西成で、おっちゃんたちが詠む歌は  警察署があいりん地区の詩集発行 怖いイメージ、実は人情味(47NEWS)

西成で、おっちゃんたちが詠む歌は  警察署があいりん地区の詩集発行 怖いイメージ、実は人情味(47NEWS)

 安い簡易宿泊所(ドヤ)が並び、路上にはホームレスの人たちが寝床にする段ボールが敷かれている。日本最大級の日雇い労働者の街として知られる大阪市西成区のあいりん地区。酒に酔ったのか、ひげが伸び切った男性同士が平日の昼間から取っ組み合いのけんかを繰り広げる。違法薬物が公然と売買されてきた歴史もあり、いつしか近寄りがたい場所と認識されるようになった。

 所轄の大阪府警西成署もかつては暴動で襲われたことがあったが、実は地道に続けているユニークな取り組みがある。労働者の短歌や俳句をまとめた詩集の発行や、衣類の無償提供だ。署の担当者は「世間から懸け離れた場所と思われがちだが、実際は違う。人情味にあふれる面が多い」と話す。

 ▽無料の「バーゲン」

 

「おっちゃん、そのシャツ似合うで。持って行き」「勝手に売ったらあかんよ。大事に使いや」

 7月上旬、地元の公園に労働者ら約300人が集まった。お目当ては、西成署と地域住民でつくる「あいりんクリーン推進協議会」による衣類などの無償提供。夏本番を控え、全国から送られた肌着や日用品を労働者らが次々と受け取っていく。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 西成で、おっちゃんたちが詠む歌は  警察署があいりん地区の詩集発行 怖いイメージ、実は人情味(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA