響いた鳴き声 戦争で犬も犠牲 – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

響いた鳴き声 戦争で犬も犠牲

響いた鳴き声 戦争で犬も犠牲

 戦時中、命を奪われたのは人間だけではなかった。京都府の旧木津町(現木津川市)で飼い犬が供出される様子を目撃した京都市の女性が、当時の記憶を初めて手紙にしたためて木津川市に寄せた。毛皮や食肉としての利用、狂犬病の流行防止のため、戦争末期にはペットの供出が各地で行われたとされる。女性は幼心に焼き付いた異様な雰囲気を鮮明に覚えており、「命を粗末にする戦争は残酷」と憤る。手紙は木津川市役所で開催中の「平和パネル展」で紹介している。

【写真】イヌ科で最小の赤ちゃん

[紹介元] Yahoo!ニュース・トピックス – 国内 響いた鳴き声 戦争で犬も犠牲

ゲッツインで取得したTwitterの反応

学者に軍事研究をさせるとあるが自民党大臣や伊吹さん達は仮に戦争が起きても自分たちは高みの見物だと思う。 犠牲になるのは若者や女性、子どもたち。かつての国会議員には戦争体験者がいた。歴史を学ぶべき。

回顧録【飯綱三郎】今の日本があるのは過去の戦争で犠牲になった人達がいたから今の日本があると勘違いする国民がいる。戦争で犠牲になったのは東条英機などの軍国主義者の侵略戦争の犠牲になったのである。国民も飲まず食わずの荒れ野原での生活を余儀無く…

ドイツは連合国の空爆などで、120万人の犠牲者が出た。しかも領土縮小により財産を無くした引き揚げ者が、1,200万人以上いた。終戦から5年後、西独は連邦援護法を制定、国は全ての戦争被害に責任があるとして、軍人や民間人といった立場に関係なく被害に応じた補償を行ってきた。 NHKスペシャルより

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA