香川県観音寺市でヘイト対策条例が先進的な理由  日韓関係悪化の中、増える問い合わせ(47NEWS) – プラグイン動作サンプル
プラグインの動作サンプル用サイト
プラグインの動作サンプル用サイト

香川県観音寺市でヘイト対策条例が先進的な理由  日韓関係悪化の中、増える問い合わせ(47NEWS)

香川県観音寺市でヘイト対策条例が先進的な理由  日韓関係悪化の中、増える問い合わせ(47NEWS)

 ヘイトスピーチ対策法が施行されてから3年余が経過した。この間、法の要請に従って各地の自治体が条例を制定したが、中でも先進的と評価されているのが、香川県観音寺市の市公園条例だ。最近は日韓関係が悪化していることもあり、報道機関から制定の経緯など、問い合わせが相次いでいるという。

 条例は、ヘイトの恐れがある場合、公園の利用を禁止し、違反者には5万円以下の過料を定めている。禁止と罰金を盛り込んだヘイト対策は他にはなさそうだ。どうして先進的な対策ができたのか。観音寺市を訪ね、理由をたずねた。

 「対策法の趣旨を自然に解釈し、時代の流れも踏まえた結果だと思います」。観音寺市都市整備課の黒川順司(くろかわ・じゅんじ)課長補佐は、取材に少し戸惑った表情で答えた。

 市は2017年4月、市民会館に隣接する約70メートル四方の駐車場の管理に関する条例を施行した。禁止条項として「人種などの共通の属性を有する不特定多数に対し、不当な差別を助長する恐れがある行為」を盛り込んだ。

[紹介元] 47NEWS – 国内 – Yahoo!ニュース 香川県観音寺市でヘイト対策条例が先進的な理由  日韓関係悪化の中、増える問い合わせ(47NEWS)

コメント

記事に戻る

コメントを残す

CAPTCHA